赤ちゃんの湿疹としゃっくりが心配していること

相手はウォーターサーバー > 育児 > 赤ちゃんの湿疹としゃっくりが心配していること

赤ちゃんの湿疹としゃっくりが心配していること

赤ちゃんが授かると、とても嬉しいものです。

 

特に何年も子供が欲しくて、不妊治療などを頑張ってきた夫婦にとっては、子供がいる生活というものは新鮮なものではないでしょうか。

 

しかし、赤ちゃんにはいろんな悩みがつきものです。例を挙げれば、乳児湿疹などもそのうちの一つです。

 

乳児湿疹とは、新生児の頃に赤ちゃんの頬などににきびが出来るもので、これは母親の女性ホルモンを受けるために起こりやすいとも言われています。

 

男の子に多く、大抵は三ヶ月から一年の間に軽減していきますが、中にはアトピーから起こるものもありますので、注意することが必要です。

 

その他にも、しゃっくりがよく出るという赤ちゃんがいますが、これは特に問題はないようです。

 

傍からみれば、苦しそうに聞こえますが、赤ちゃん自身は苦しくもなんともないようです。

 

肺の機能がまだ未熟であるので、しゃっくりが起こるとも言われていますが、しゃっくりが出たから止めないといけない、ミルクを喉に詰めるのではという心配はありません。

 

原因は乳幼児時期の特有の生理的なものですが、心配でクリニックなどに駆け込む親もいるようです。

 

しばらく様子を観察して、何かおかしなところがあれば、まず、保健センターなどに電話で問い合わせてみるのも良いかもしれません。

 

大人とは違って赤ちゃんの横隔膜などはまた未熟ですし、大人よりも敏感です。

 

そのため、ちょっとの刺激などによって横隔膜が痙攣してしまうことがありますし、痙攣することによってしゃっくりが出てしまいます。

 

そして、赤ちゃんのしゃっくりは授乳の際にも起こりやすいです。赤ちゃんは授乳することでお腹がいっぱいになりますし、お腹がいっぱいになると胃や食道が動きます。

 

そのため、まだ未熟な横隔膜を刺激してしまうのでしゃっくりが出やすくなってしまいます。

そのほかにも、ミルクなどの飲み過ぎやミルクと一緒に空気をたくさん吸い込んでしまうことなどもしゃっくりを引き起こす原因になってしまう場合があります。

 

そのため、飲む量や飲むスピードなどによってもしゃっくりが起こる頻度などには違いがありますが、しゃっくりが気になる場合には授乳の際の赤ちゃんの姿勢や哺乳瓶の角度などを調節することなどの工夫も必要です。

 

そして、授乳した後に赤ちゃんがしゃっくりをしていると、吐いてしまったミルクを誤って飲んでしまう可能性があります。

 

そのため、場合によっては赤ちゃんの上半身が高くなるような体勢にして、背中を摩ったり軽く叩いてあげることも必要です。子供の青汁は無添加が大事